七五三の写真を「おしゃれ」に撮る方法は「背景を使う」「子供の自然な姿を撮影する」「子供の後ろ姿を低い位置から撮影する」などがあります。

 

一生に一度しかない子供の七五三の写真をせっかくならキレイに撮りたいですよね。

そこで「七五三の写真をオシャレに撮って残す方法」と、最近増えてきた「プロカメラマンの出張撮影サービス」について少し紹介しますね。

 

オシャレに撮影する5つの方法

1.風景や景色とあわせて撮る

七五三の女の子

七五三は「11月15日」です。
この時期は神社やお寺、公園の樹木が紅葉に染まる時期ですから、この画像のように自然と合わせた写真を撮るとオシャレに映ります。

特に紅葉に染まる自然の多い場所で撮影されると着物姿や袴姿がより際立って見えますから、七五三の写真を撮る時期に合わせて神社やお寺を選ぶということもオシャレに撮るポイントです。

特に神社の鳥居やお寺の本堂、参道などで撮られると七五三の雰囲気がしっかりと出るのでおすすめです。

 

2.背景をぼかす

七五三の男の子

背景をわざとぼかすことで主役である子供が強調された写真になります。
特に背景をぼかす際には背景に大きな建造物があると、写真にインパクトが出ます。

人物と背景にピントが合った写真では、迫力にかけてしまうので背景だけぼやけさせるのです。

 

3.子供や家族の自然な表情を撮る

七五三の家族写真

もちろん家族みんなで並んで撮った写真も素敵です。
何枚か家族で並んだ写真も撮って残しておきましょう。

しかし、それ以外にもこの画像のように家族の自然の表情を写真で残しておけば、子供が大きくなってから「その子がどれだけ家族から愛されていたのか」写真で確認できるものとなります。

また子供は並んで撮った写真よりも自然な表情の方が子供らしくて可愛らしいと言えます。
子供はまだ自然の存在ですから、その子供らしさを写真に残すというのもおすすめです。

 

4.スマホではなく一眼レフカメラで撮る

 

スマホとプロが使う一眼レフでは出来上がりの写真が異なります。
最近はスマホもキレイに撮れるようになりましたが、それでも一眼レフの方がスマホのような粗さが無く写真を撮れます。

特に細かな点ではスマホは粗く、一眼レフの方がズームしてみると色に深みが有り美しさが違います。

もし一眼レフをお持ちでない方は、カメラを購入せずにプロカメラマンの出張撮影を利用されることも安く済むのでおすすめです。

 

5.動きのある後ろ姿を撮る

七五三の子供の写真

子供の自然な姿を七五三の写真に残したい方におすすめです。
子供は正面からカメラを向けると視線がカメラに行ってしまったりするので、横や後ろ側から写真を撮ると自然な写真が出来上がります。

またこの場合は大人の目線ではなく、カメラ位置を下げて子供目線で撮ると迫力のある写真が出来上がります。

 

6.数多くの写真を取っておく

写真はどうしても瞬間をとらえる物ですから、同じ瞬間を撮影しても顔の表情も異なることがあります。

1番オシャレに撮れた写真を子供に残したいときは、出来るだけ多く撮影して後から良いものを選ぶといった意識を持たれたほうが良いでしょう。

特に子供は言うことを聞かないこともあり、さらに神社やお寺など普段とは違う場所にいると落ち着きません。

撮影される方がそれを理解して出来るかぎり多くの写真を撮っておけるように準備しましょう。

 

七五三の写真を1番オシャレに撮る方法は、神社・お寺でプロのカメラマンに写真を撮ってもらうこと

一生に一度の七五三の写真をキレイにオシャレに残したい方はプロのカメラマンの出張撮影がおすすめです。

特に「fotowa」ではプロのカメラマンの指名が可能で、比較的安価で出張撮影をしてくれます。

 

どうしても家族で写真を撮るとスマホになってしまいますし、撮り忘れがあったり、お父さんをカメラ係にしてしまい家族全員の写真が撮りにくいということがありますからね。

最近はこういったサービスが出来ているので、昔よりも素敵な写真を残しやすくなっています。

「せっかくだし使ってみようかな♪」という方は、このトップページで紹介しているので、ご参考にどうぞ。

⇒ プロカメラマンの出張撮影の比較